PALACE GRANDEUR

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube

Blog

続 私は何を残しただろう

先日、子供がマーチングバンドの東北大会に出場。

 

ひと月前の県大会と同じく「花は咲く」という曲をラストに構成、

そのサビの「♪私は何を残しただろう」の一吹きは、

純粋で、澄み切った、張りのある音色とともに、

同じく活動を共にする約50名余りの「想い」や、

その家族の「想い(支え)」を乗せ、また一段上の大会へ

導いてくれました。

 

1ヶ月あれば、「想い」は形になり、達成感が生まれ、

更なる意欲が湧いてくる、ということを、

今更ながら教えられた気がします。

 

そして、似たようなことが、結婚式の準備にも

当て嵌まるのではないかとも思いました。

 

なかなかエンジンが掛からなかったふたり。

一緒に住んでいても、日々の仕事で疲れ、思うように

準備も進みません。

 

そしてラスト1ヶ月。

「間に合わない」。

私も今、でき得る限りの時間をふたりと過ごしていますが、

当日出席される方からのメッセージや、プレゼント、アイテム

等を目の前に、伝えなければならない「想い」の大切さを

感じていただきながら、準備を進めています。

 

特に難関であるVTRのコメント作成は、

1枚1枚に込められた想いを聞き取り、時に想い出を語って

いただきながら、より二人の想いに近づけるコメントを全て

私が考えてあげることにしました。

 

その作業を終えてから、一段とふたりの顔つきも変わりました。

 

ゴールが見えた安心感なのか、

ふたりの中で、日頃部屋では見えなかった姿があったからか、

近くに居るのに気づかなかった、小さな幸せ達に気づくことが

できたからか。

 

ゲストにも、お二人に対する「想い」があって、

当日駆けつけてくれます。

 

「当日受ける、全ての祝福に感謝しよう」。

これが、今の私たちの合言葉です。

 

私と一回りも違うふたりが残してくれた言葉。

「何とかなる、諦めない」。

 

「私は何を残しただろう」の問いの答えは、

やはり結婚式にありました。

厳密には、「私に」何を残しただろう、ということなのでしょうが、

幼い子供から、あるいは、お客様から教えられることは、

心から嬉しく、財産であると思います。

 

 

「花は咲く」の最後の一節は、

「♪いつか恋する君のために」です。

 

手前味噌でありますが、

今回は一人のプランナーとして、

恋するふたりに何かを残してあげることが

できているのではないかと、思っています。

 

投稿日:2014年10月27日 投稿者:Makoto Suzuki カテゴリ:①「Friendly!」これから結婚をお考えのカップルへ


PageTop

パレスグランデール 〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40 TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

個人情報保護方針

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!