山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

有難う~奇跡のバージンロード~

メイン画像

2013.6.15

難を乗り越えて今ここに有る“ありがとう”

当たり前のようになにげなく過ごしている毎日が実はとても幸せであることに気づくことはなかなか難しいことなのかもしれません。家族がいること、友人がいること、働く場所があって一緒に働く仲間がいるということ…そんなことを改めて思い起こさせてくれるのが結婚式。おふたりを担当しそんなふうに思いました。おふたりはきっと分かっていらっしゃったんですね。「有難い」ことがあってできる幸せのご報告ができる喜び。だからこそ、感謝の言葉はちゃんと、ゲストおひとりおひとりに自分の口で足を運んで伝えるべきである「ありがとう」だということを。もしかしたら、読んで聞かせてあげられなかったかもしれない、花嫁の感謝のお手紙。ご病気をされたお父様へ献身的に看病された新婦麻里さん。その内容が新婦手紙で語られました。お父様にとって、花嫁になった麻里さんがお手紙を読んでいるお姿を見れたことはこの上ない喜びがあったことと思います。“難の無い人生は無難、難の有る人は有難い人生”と麻里さんはチャペル挙式前にこう記されました。バージンロード、お父様の腕を組んだ瞬間、もう言葉はなくとも十分に気持ちは伝わっていたのだと思います。私はお父様の娘を見守る優しい眼差しが忘れられません。この結婚式の瞬間を大切に、10年、20年、30年…経っても、どんな壁も乗り越えられる思い出ができた一日であってほしいと願うばかりです。ウェディングプランナー稲毛 千尋

サブ画像

サブ画像

サブ画像

こだわりのおふたりらしさがあふれるウェルカムアイテムの数々。会場の中にはクレティエールのフォトジュエルズへ仲間や友人、家族との思い出のフォトを展示しています。懐かし一枚を見つけるのもゲストにとっても思い出が蘇る瞬間です。受付では、新婦のドレス当てクイズはツリーでセット。色トリドリのゲストのネームホルダーがツリーへとかけられ完成していきます。あたたかいゲストの皆さまがおふたりを迎え、拍手を送る時、その拍手は祝福となりおふたりの耳へと届きます。サプライズでそれぞれ新郎将史さんはお母様とお姉様と新婦麻里さんはお母様とお兄様とご中座なさいました。ご家族とこうして、腕を組んだり、手をつないだりして歩くのは子供の時以来…おふたりの気持ちもご家族の気持ちもきっと昔に戻ったようなそんな瞬間であったのではないでしょうか。

ゲストの皆さんにはゆっくりと食事をしていただきながら、パーティーをゆっくり楽しんでいただきたいというおふたりの願いがありました。そして、たくさんのコミュニケーションを取り、限られた時間の中で、大切な二人を支えてくれた皆さまひとりひとりと少しでも多くの会話をしたい…。ゲストの負担になる余興などのお時間をとらず、ドレス当てクイズやフォトラウンドでたくさんのゲストの笑顔と触れ合うことができました。こうして、同じ目線で立ち位置にいることがおふたりが「ありがとう」を伝えるスタンスであったのだと思います。

家族に自分の声で手紙を読み、自分の字で書いた手紙を渡せるということは幸せなことなんですね。当たり前のようなことは決して当たり前でない。普通であることは“難の有ること”だと思います。そして、普通のあるべき姿で有り続けることが難しい…、だから「有難う」なんですね。新郎将史さんは小さい頃から続けてきたサッカーでつちかった仲間の大切さを挨拶の中で話されておりました。おふたりらしい愛情あふれたパーティー。ゲストの皆さまへありがとうの気持ちが伝われば…そんなふうに思うふたりの結婚式でした。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Bouldering LIFE

サムネイル

~その手で未来をつくる~

2019.4.16

ボルダリングが共通の趣味という椋太さんと千晶さんの結婚式。前撮りではおふたりが一緒によく行かれるボルダリングジムにて撮影をしました。タキシードとドレスのまま目の前の壁を登り始めてしまう椋太さんと千晶さんの姿は、まさにおふたりの等身大の姿。撮影中はジムでお仲間にも遭遇し、おふたりのもとに駆け寄られる場面もあり、皆さんの大切なつながりが感じられました。そもそも「ボルダリング」とはどういう意味なのだろうか?その由来は、雨風や流水によって角がとれた巨岩(ボルダー)を登ることからはじま...

詳しく見る

FUN!FUN!FUN!

サムネイル

楽しい×3で繋がった過去と現在と未来

2019.3.30

「おふたりはどんな結婚式にしたいですか?」という私の問いに、慶太さんとれんかさんはすぐに答えてくださいましたね。『とにかく楽しい結婚式にしたいです!』。 天真爛漫という言葉がぴったりのれんかさんと、れんかさんの笑顔をいつもそばでやさしく見守る慶太さん。周囲を明るく朗らかな雰囲気にされるおふたりの空気感を私自身もいつも心地よく感じていたこともあり、「楽しい」というキーワードは間違いなくおふたりらしさを伝えられるものでした。一方でおふたりのこれまでの歩みを紐解く過程で見えてきた...

詳しく見る

Spring has come

サムネイル

春が来た ~もう一度、何度でも~

2019.3.2

長く続く山形の冬。春の訪れを待つ気持ちと、皆さんがおふたりの結婚式を待ちわびる気持ちはどこか似ていたのかもしれません。貴文さんと美菜さんの結婚式、会場内に満開の桜が咲き誇りました。 桜が好きなんだと話したおふたり。しかし一番好きなのは、澄んだ青空を背景に咲くピンク色の桜でした。その想いがなんだかとても貴文さんと美菜さんらしく、私の心にずっと残っていました。打合せがスタートした頃、まだまだ結婚式のイメージが沸かない中でも確かにあった「家族のために」というおふたりの想い。決して...

詳しく見る

みんなの祝福が育んだしあわせの実

サムネイル

7年間の想いの先に繋がったふたりの実り

2018.12.1

おふたりが最初に出会ったのは高校生の頃。同級生という間柄で過ごした3年間を含めて、新郎の賢さんは新婦の奈菜さんに7年間片想いをしていたと、穏やかな表情で私に教えてくださいました。いくつもの季節が巡るなかで大切に育んでこられた想い。賢さんの誠実な姿は奈菜さんにとっても、きっと何度も心の支えになっていたのだろうなと思います。 そんなおふたりが夫婦となって歩み出す結婚式。おふたりのことをそばで応援し、この日をずっと待っていたご友人の皆さんからのあたたかい祝福がとても印象に残ってい...

詳しく見る

Candle Road

サムネイル

ふたりのルーツと未来に続く道

2018.11.23

日が沈む間際の夕方5時、チャペルエルシオンにあかりが灯りました。黒と群青色が混ざる夕空に浮かび上がったチャペルは、祐介さんと絵里さんの結婚式という特別な時間を包み込んでいるようにも見えました。「夜の挙式ってきっと素敵ですよね・・・」おふたりが思い描いていた風景や空間をどう実現するか、それがおふたりとの結婚式のスタートでした。誓いの場がよりドラマチックなシーンとして記憶に残るよう、日没の時間によって変わりゆく情景をイメージし結婚式を組み立てます。11月下旬、わずかな時間の中で空...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!