山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

The Roots ~スイカの名産地~

メイン画像

2013.6.22

尾花沢で世代を超えて伝承する灯り(ふたり)

おふたりのご出身は山形県尾花沢市。尾花沢市といえば、盛夏のころ出荷される甘くて大きい尾花沢スイカが有名ですね。夏スイカとしては、日本一。当市特有の昼夜の寒暖差により、甘味がつくられます。シャキッとした歯ざわりと、口の中いっぱいに広がるみずみずしい甘さは夏の風物詩として親しまれ、名実ともに尾花沢の代表的な作物です。おふたりの出逢いはさかのぼること幼少期、保育園でした。地元の人たちからもあたたかく見守られ、小学校、中学校と一緒に進学されたふたり。親御様のご友人もご親戚もたくさんの地元の人たちや二人のご友人みんながおふたりのご結婚を祝福してくれました。新郎大介さんがご自分の親御様の会社を継ごう!と決意したのは、お父様お母様が強制したわけでもなく自分の意思で決意したこと。地元の人たちの熱い人望のあるお父様にいつしか尊敬の念を抱き、そしてお父様を支えるお母様のお姿も大介さんにとって理想の夫婦像に見えたのだと思います。地元の人が大切にスイカを育てるようにお二人をやさしく見守りつづけた方たちがたくさんの光をふたりに注いでいたように思います。おふたりはきっと、この先もご家族や地元の人たちの灯がある限りその灯りを絶やさずに助け合い、支えあっていくことでしょう。力を合わせて生きていくそんな力強い未来への灯りがふたりをやさしく照らしていました。ウェディングプランナー 上條智広

サブ画像

サブ画像

サブ画像

おふたりの出会いのルーツはやっぱり地元尾花沢!ということでウェルカムスイカでお出迎えいたしました。席次表・席札・ご招待状は新郎お姉様文子さんの手作り、そしてウェルカムボードも新郎お姉さまむつみさんの手作り。ご家族も仲が良く、そしてご両家様も仲が良く、結婚式のご準備も両家でいろいろと楽しみながら準備を進めてきた本間家様と佐藤家様。新婦愛美さんが和装で身に着けた帯はお母様のもの。大好きなお母様とのお色直しご中座のシーンでは、たくさんのご友人が愛美さんとお母様を囲みあたたかく見送ります。息子である大介さんと手をつなぐのは何年ぶりのことでしょう。お母様にとっても嬉しい、そして大介さんにとっても恥ずかしい?いえいえきっと嬉しいお母様とのご中座シーンです。

チャペル挙式で使用したリングピローは、新郎お母様の手作り。ウェディングドレスでご入場後真っ先に向かったのは、大介さんが幼い頃に忙しかったご両親に代わって育てていただいたおじご夫妻様。感謝の気持ちを込めて花束とプレゼント贈呈を行いました。余興のお時間では友人たちが楽しく場を盛り上げていただき、地元のお祭りを彷彿させるような賑わいぶりに会場中が熱気であふれていました。そして、大介さんが2か月間かけて制作した愛美さんへの手作りVTR。たくさんの友人が協力してくれてできたVTRでした。シーンの最後に花束をひいた大介さんで終わる映像がありますが、なんと現実に花束をのせた台車を引っ張るお姿が愛美さんの目に飛び込んできました。感激でこの表情。素敵な思い出のワンシーンですね。大好きな愛美さんのご姉弟でのお色直しご中座シーン。退場途中にはおじい様おばあ様の元へ感謝のプレゼント贈呈です。手作りアイテムでウェディングを盛り上げてくれた大介さんのお姉さま二人と仲良く3姉弟でご中座です。

たくさんの方の支えがあって、今日の日を迎えられたことの感謝。そして、大介さんにとってはけじめであり、スタートの日でした。二人が聞いたはなむけの言葉も拍手も、二人が見たたくさんの祝福の笑顔もあたたかなキャンドルの灯りも…きっと、これからの未来を照らすやさしい灯りとなって進む道を灯し続けていくことでしょう。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Bouldering LIFE

サムネイル

~その手で未来をつくる~

2019.4.16

ボルダリングが共通の趣味という椋太さんと千晶さんの結婚式。前撮りではおふたりが一緒によく行かれるボルダリングジムにて撮影をしました。タキシードとドレスのまま目の前の壁を登り始めてしまう椋太さんと千晶さんの姿は、まさにおふたりの等身大の姿。撮影中はジムでお仲間にも遭遇し、おふたりのもとに駆け寄られる場面もあり、皆さんの大切なつながりが感じられました。そもそも「ボルダリング」とはどういう意味なのだろうか?その由来は、雨風や流水によって角がとれた巨岩(ボルダー)を登ることからはじま...

詳しく見る

FUN!FUN!FUN!

サムネイル

楽しい×3で繋がった過去と現在と未来

2019.3.30

「おふたりはどんな結婚式にしたいですか?」という私の問いに、慶太さんとれんかさんはすぐに答えてくださいましたね。『とにかく楽しい結婚式にしたいです!』。 天真爛漫という言葉がぴったりのれんかさんと、れんかさんの笑顔をいつもそばでやさしく見守る慶太さん。周囲を明るく朗らかな雰囲気にされるおふたりの空気感を私自身もいつも心地よく感じていたこともあり、「楽しい」というキーワードは間違いなくおふたりらしさを伝えられるものでした。一方でおふたりのこれまでの歩みを紐解く過程で見えてきた...

詳しく見る

Spring has come

サムネイル

春が来た ~もう一度、何度でも~

2019.3.2

長く続く山形の冬。春の訪れを待つ気持ちと、皆さんがおふたりの結婚式を待ちわびる気持ちはどこか似ていたのかもしれません。貴文さんと美菜さんの結婚式、会場内に満開の桜が咲き誇りました。 桜が好きなんだと話したおふたり。しかし一番好きなのは、澄んだ青空を背景に咲くピンク色の桜でした。その想いがなんだかとても貴文さんと美菜さんらしく、私の心にずっと残っていました。打合せがスタートした頃、まだまだ結婚式のイメージが沸かない中でも確かにあった「家族のために」というおふたりの想い。決して...

詳しく見る

みんなの祝福が育んだしあわせの実

サムネイル

7年間の想いの先に繋がったふたりの実り

2018.12.1

おふたりが最初に出会ったのは高校生の頃。同級生という間柄で過ごした3年間を含めて、新郎の賢さんは新婦の奈菜さんに7年間片想いをしていたと、穏やかな表情で私に教えてくださいました。いくつもの季節が巡るなかで大切に育んでこられた想い。賢さんの誠実な姿は奈菜さんにとっても、きっと何度も心の支えになっていたのだろうなと思います。 そんなおふたりが夫婦となって歩み出す結婚式。おふたりのことをそばで応援し、この日をずっと待っていたご友人の皆さんからのあたたかい祝福がとても印象に残ってい...

詳しく見る

Candle Road

サムネイル

ふたりのルーツと未来に続く道

2018.11.23

日が沈む間際の夕方5時、チャペルエルシオンにあかりが灯りました。黒と群青色が混ざる夕空に浮かび上がったチャペルは、祐介さんと絵里さんの結婚式という特別な時間を包み込んでいるようにも見えました。「夜の挙式ってきっと素敵ですよね・・・」おふたりが思い描いていた風景や空間をどう実現するか、それがおふたりとの結婚式のスタートでした。誓いの場がよりドラマチックなシーンとして記憶に残るよう、日没の時間によって変わりゆく情景をイメージし結婚式を組み立てます。11月下旬、わずかな時間の中で空...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!