山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

ふたりが生きてきた証~しるし~

メイン画像

2013.12.15

ルーツ「必然」ふたりは互いに魅かれ、なるべくしてなった。

日本の結婚では新郎新婦のいずれかの苗字が変わる_。覚悟というか決意というか、家族やふるさと、これまでの人生に一区切りするようで、気持ちの整理のつかない花嫁さんをこれまでも多く見守ってきました。このふたりは「婿入り」で新郎さんの苗字が変わります。私も結婚で姓が変わった一人として複雑な思いがよくわかります。新婦の祐理子さんは「自分のせいで、申し訳ない・・・。」不道徳なことをしているわけではないのですが、どこか罪悪感のようなもの感じ自責の念を抱いていることが伝わってきました。また、そのことを新郎、成貴さんも気丈に気遣い、持ち前の「俺についてこい」と言わんばかりの男らしい、頼もしい、優しい一面が幾度か見られました。私はふたりのウエディングプランナーとして、ふたりに伝えたいことを時間をかけても話がしたいとおもいました。結婚=しょうがない(苗字が変わる)という考えを変えさせたいという思いからです。それは人生のルーツです。姓が変わっても絆や縁(えにし)は切れないし、仲間やふるさと、家族もある。ただ、結婚はふたりの人生のスタートですから、そのスタートをきろうとしているときに「しょうがない」という気持ちは持たない方がいい。ふたりの場合は「必然」、「そうなるのが決まっていた」という奇跡に感謝し、新しい人生を、結婚式を迎えた方がいい。そう伝え、ふたりのルーツを共に探しに出かけました。ふたりの初デートが地元の富神山登山と聞き、ビデオカメラを持って一緒に登山しました。ふたりの育った地域が一望できる最高の場所でした。私も一緒に登れたこと、嬉しく誇りに思います。今度は10年後でしょうか、いつか家族が増え、お子さんと手を取って登ってほしい。そして、この山に登ってパパは苗字が変わって君と出会えたんだと子供に伝えてほしい。結婚式のテーマはふたりが生きてきた証~しるし~です。PS:富神山山頂にはノートがあります。そこに登頂を“しるし”てきました。 ウエディングプランナー 小島重治
 

サブ画像

サブ画像

サブ画像

ふたりが生きてきた証~しるし~|両親と一緒にウエディングケーキにしるしを入れました。この時、ゲストはほんとに多くカメラを持って集まってくれました。ステージから降りて皆と同じところでケーキ入刀をしたことでより近くなり「心」が通ったような気がします。また地元の人や友達、多くの人をご招待してこの瞬間があったこと、見守ってもらえたこと、それは「感謝」のひとことだと思います。そして、私が感動の渦に、そして会場が拍手の嵐に呑み込まれたのは次のシーンです。ふたりのルーツと言えば、両親ですから「父と父の握手を!」ということで司会者より促します。ここまでは予定通りの進行。次の瞬間、男同士の固い握手、そしてこの後、予想だにしなかった奇跡が、お互いの父は思いっきり抱き合い。婿入りという、「我が子を思う気持ち」と「娘を選んでくれた息子」への万感の思いをぶつけ和合した瞬間でした。

 

新婦さんの「妹」|結婚式の準備中にとあることから、私のところに新婦さんの妹(真理子)さんが来ました。もしかすると姉が「婿取り」で悩んでいるかもしれないというご心配。でもそこは私(ウエディングプランナー)も存じ上げておりますよ。大丈夫というお話をしました。妹さんからは「女系という負い目を感じず、幸せな気持ちで結婚をしてほしい」という優しいメッセージを頂き、サプライズのビデオメッセージを制作しました。ご家族みんな互いを心配し気遣い素敵なご両家だと思います。フィナーレは全員参加でキャンドルの灯りをリレーするイベントで丸く、温かい、光に満ちた未来が表現できたと思います。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Bouldering LIFE

サムネイル

~その手で未来をつくる~

2019.4.16

ボルダリングが共通の趣味という椋太さんと千晶さんの結婚式。前撮りではおふたりが一緒によく行かれるボルダリングジムにて撮影をしました。タキシードとドレスのまま目の前の壁を登り始めてしまう椋太さんと千晶さんの姿は、まさにおふたりの等身大の姿。撮影中はジムでお仲間にも遭遇し、おふたりのもとに駆け寄られる場面もあり、皆さんの大切なつながりが感じられました。そもそも「ボルダリング」とはどういう意味なのだろうか?その由来は、雨風や流水によって角がとれた巨岩(ボルダー)を登ることからはじま...

詳しく見る

FUN!FUN!FUN!

サムネイル

楽しい×3で繋がった過去と現在と未来

2019.3.30

「おふたりはどんな結婚式にしたいですか?」という私の問いに、慶太さんとれんかさんはすぐに答えてくださいましたね。『とにかく楽しい結婚式にしたいです!』。 天真爛漫という言葉がぴったりのれんかさんと、れんかさんの笑顔をいつもそばでやさしく見守る慶太さん。周囲を明るく朗らかな雰囲気にされるおふたりの空気感を私自身もいつも心地よく感じていたこともあり、「楽しい」というキーワードは間違いなくおふたりらしさを伝えられるものでした。一方でおふたりのこれまでの歩みを紐解く過程で見えてきた...

詳しく見る

Spring has come

サムネイル

春が来た ~もう一度、何度でも~

2019.3.2

長く続く山形の冬。春の訪れを待つ気持ちと、皆さんがおふたりの結婚式を待ちわびる気持ちはどこか似ていたのかもしれません。貴文さんと美菜さんの結婚式、会場内に満開の桜が咲き誇りました。 桜が好きなんだと話したおふたり。しかし一番好きなのは、澄んだ青空を背景に咲くピンク色の桜でした。その想いがなんだかとても貴文さんと美菜さんらしく、私の心にずっと残っていました。打合せがスタートした頃、まだまだ結婚式のイメージが沸かない中でも確かにあった「家族のために」というおふたりの想い。決して...

詳しく見る

みんなの祝福が育んだしあわせの実

サムネイル

7年間の想いの先に繋がったふたりの実り

2018.12.1

おふたりが最初に出会ったのは高校生の頃。同級生という間柄で過ごした3年間を含めて、新郎の賢さんは新婦の奈菜さんに7年間片想いをしていたと、穏やかな表情で私に教えてくださいました。いくつもの季節が巡るなかで大切に育んでこられた想い。賢さんの誠実な姿は奈菜さんにとっても、きっと何度も心の支えになっていたのだろうなと思います。 そんなおふたりが夫婦となって歩み出す結婚式。おふたりのことをそばで応援し、この日をずっと待っていたご友人の皆さんからのあたたかい祝福がとても印象に残ってい...

詳しく見る

Candle Road

サムネイル

ふたりのルーツと未来に続く道

2018.11.23

日が沈む間際の夕方5時、チャペルエルシオンにあかりが灯りました。黒と群青色が混ざる夕空に浮かび上がったチャペルは、祐介さんと絵里さんの結婚式という特別な時間を包み込んでいるようにも見えました。「夜の挙式ってきっと素敵ですよね・・・」おふたりが思い描いていた風景や空間をどう実現するか、それがおふたりとの結婚式のスタートでした。誓いの場がよりドラマチックなシーンとして記憶に残るよう、日没の時間によって変わりゆく情景をイメージし結婚式を組み立てます。11月下旬、わずかな時間の中で空...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!