山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

「届ける」~未来へ続く結婚式~

メイン画像

2015.10.10

10年、20年先もきっと思い出す、想いがひとつになった結婚式

結婚式は未来へ続く…そう気付かせてくれたおふたりがいました。新郎 悠介さん、新婦 果林さん。10年先、20年先、50年先を紡ぐ物語がここから始まります。

現在は青森にお住まいのおふたり。限られた時間の中での打合せで見えてきたことはゲストに「ありがとう」の想いを届けたいということでした。“手紙”という贈り物に乗せて。
距離や場所に関係なくいつだってすぐに相手と連絡がとれる昨今、手紙はもしかしたら億劫で煩わしさを感じることもあるかもしれません。相手と向き合う時間、自分自身を考える時間、ちょっとあらたまった気持ち。しかしそれはおふたりにとって必要な時間でした。「父に本音を言えないんです」私にそうこぼした果林さん。一家の大黒柱、威厳のあるお父様とはいつしかわずかながら距離がうまれてしまったといいます。果林さんと悠介さんが望んだ結婚式は「アットホーム」。

「届ける」ということは思っているだけではなく、行動が伴うもの。私はどうしてもこの結婚式で届けてほしかった。親から子供へ、子供から親へ、ゲストへと。その輪はゲストからふたりへ、悠介さんから果林さんへ、そして未来へと広がりました。同じ時間を共有すること、想いを言葉や行動で表現することで気持ちが通います。当日お父様が流した溢れんばかりの涙は、間違いなくおふたりを心から祝福する涙でした。「アットホーム」それは決して果林さんの憧れではなく、ご両親の無償の愛情が注がれていたからこそ、心の中で芽生え育まれた想いなのだと私は思います。10年後の2025年、お互いに宛てた手紙を読むとき、またその先の未来をおふたりで描いてみてください。おふたりの未来に私はウエディングプランナーとして寄り添い続けます。 ウエディングプランナー上條智広

サブ画像

サブ画像

サブ画像

披露宴会場へ入場前、ゲストからおふたりへ祝福と承認の意味を込めた指紋のスタンプを押していただきます。まだ葉っぱがついていない樹は新郎新婦を表したもの。たくさんの方々がこの先もおふたりを見守ってくれることでしょう。ファーストバイト・ラストバイトのシーンでは新婦果林さんも大きなお口を開け会場を盛り上げてくださいました。新婦からゲストへ、笑いを届けます!

未来へ届ける結婚式|お色直し後の再入場。すると悠介さんから果林さんへサプライズ。果林さんの大好きなひまわりの花束のプレゼントです。悠介さんが「決意」を届けました。そしてお父様から、想いを込めて娘・果林さんへ歌を届けます。嫁ぐ娘の幸せを静かに願うその歌詞に会場も涙に包まれました。最後はゲストがおふたりへ宛てた手紙を悠介さん手作りのポストへと投函し、祝福のメッセージを届けます。そして後日、新郎新婦はゲスト一人一人へ感謝の手紙を書きました。

結婚式を終え、果林さんから私に届いたメッセージ。「家族がひとつになりました」。結婚式は家族の在り方を、家族の未来をも導く力があります。“結婚式は未来へ続く”私もそう信じています。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Bouldering LIFE

サムネイル

~その手で未来をつくる~

2019.4.16

ボルダリングが共通の趣味という椋太さんと千晶さんの結婚式。前撮りではおふたりが一緒によく行かれるボルダリングジムにて撮影をしました。タキシードとドレスのまま目の前の壁を登り始めてしまう椋太さんと千晶さんの姿は、まさにおふたりの等身大の姿。撮影中はジムでお仲間にも遭遇し、おふたりのもとに駆け寄られる場面もあり、皆さんの大切なつながりが感じられました。そもそも「ボルダリング」とはどういう意味なのだろうか?その由来は、雨風や流水によって角がとれた巨岩(ボルダー)を登ることからはじま...

詳しく見る

FUN!FUN!FUN!

サムネイル

楽しい×3で繋がった過去と現在と未来

2019.3.30

「おふたりはどんな結婚式にしたいですか?」という私の問いに、慶太さんとれんかさんはすぐに答えてくださいましたね。『とにかく楽しい結婚式にしたいです!』。 天真爛漫という言葉がぴったりのれんかさんと、れんかさんの笑顔をいつもそばでやさしく見守る慶太さん。周囲を明るく朗らかな雰囲気にされるおふたりの空気感を私自身もいつも心地よく感じていたこともあり、「楽しい」というキーワードは間違いなくおふたりらしさを伝えられるものでした。一方でおふたりのこれまでの歩みを紐解く過程で見えてきた...

詳しく見る

Spring has come

サムネイル

春が来た ~もう一度、何度でも~

2019.3.2

長く続く山形の冬。春の訪れを待つ気持ちと、皆さんがおふたりの結婚式を待ちわびる気持ちはどこか似ていたのかもしれません。貴文さんと美菜さんの結婚式、会場内に満開の桜が咲き誇りました。 桜が好きなんだと話したおふたり。しかし一番好きなのは、澄んだ青空を背景に咲くピンク色の桜でした。その想いがなんだかとても貴文さんと美菜さんらしく、私の心にずっと残っていました。打合せがスタートした頃、まだまだ結婚式のイメージが沸かない中でも確かにあった「家族のために」というおふたりの想い。決して...

詳しく見る

みんなの祝福が育んだしあわせの実

サムネイル

7年間の想いの先に繋がったふたりの実り

2018.12.1

おふたりが最初に出会ったのは高校生の頃。同級生という間柄で過ごした3年間を含めて、新郎の賢さんは新婦の奈菜さんに7年間片想いをしていたと、穏やかな表情で私に教えてくださいました。いくつもの季節が巡るなかで大切に育んでこられた想い。賢さんの誠実な姿は奈菜さんにとっても、きっと何度も心の支えになっていたのだろうなと思います。 そんなおふたりが夫婦となって歩み出す結婚式。おふたりのことをそばで応援し、この日をずっと待っていたご友人の皆さんからのあたたかい祝福がとても印象に残ってい...

詳しく見る

Candle Road

サムネイル

ふたりのルーツと未来に続く道

2018.11.23

日が沈む間際の夕方5時、チャペルエルシオンにあかりが灯りました。黒と群青色が混ざる夕空に浮かび上がったチャペルは、祐介さんと絵里さんの結婚式という特別な時間を包み込んでいるようにも見えました。「夜の挙式ってきっと素敵ですよね・・・」おふたりが思い描いていた風景や空間をどう実現するか、それがおふたりとの結婚式のスタートでした。誓いの場がよりドラマチックなシーンとして記憶に残るよう、日没の時間によって変わりゆく情景をイメージし結婚式を組み立てます。11月下旬、わずかな時間の中で空...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!