山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

“しあわせ”の道しるべをありがとう

メイン画像

2017.12.9

人生のルーツには父の言葉(願い)がありました

私事ですがウエディングプランナーとして10年。娘が生まれ子供の成長過程をそばで見守るようになり自身のライフステージにも変化があり、結婚式の中で私がウエディングプランナーとし大事にしている結婚式の骨子を担うもののひとつに親子の間で交わされる何気ない「会話」、時には言葉、口調、表情があります。10年時を経て私の感性にも少し変化を感じています。そんな中ウエディングプランナーと新郎新婦。その関係性の中においても「出逢うタイミング」に、軌跡のような「ご縁」に感謝を覚えることが多くあります。そんな中10年目の私とであった新郎新婦。新郎の遼さんと新婦の成美さんがいます。遼さんは現在社会人野球でご活躍中。幼い頃、実ははじめ、サッカーに興味があったそうですが、野球を始めたきっかけにはお父様の「野球をしてほしい」という言葉(願い)があったそうです。

子供に願いを託すことは、お父様自身も変えがたい期待と親心からの不安があったと思います。「お父さんの願いならしょうがない」と受け止めていた遼さん。そこには親子の信頼と尊敬の思いがあったのでしょう。それから十数年、遼さんは今も尚たくさんの仲間に囲まれ野球をされています。人生のきかっけにはお父様がいて、その想いは道しるべようにたくさんのご縁を導いてくださいました。おふたりをつないだ野球。披露宴の最後に遼さんのご両親からおふたりへ、メッセージが書き込まれた野球ボールを投げていただきました。子供の成長から、子供の幸せを願う、結婚式は親にとっても節目なのです。

そして遼さんと成美さん自身も、パパとママとして迎えた結婚式。大惺くんと一緒に結婚式を挙げられたことで、これからおふたりが大惺くんの人生を守っていく覚悟が強まったのではないでしょうか。10年後、大惺くんが10歳になるとき、皆さんに書いていただいたメッセージボールをぜひ見せてあげてください。お父さんとお母さんにはたくさんの仲間がいること、そして皆が大惺くんを見守ってくれていること。その年頃であればきっと何か感じてくれるはずです。その時は、どんな話をされたのか、ぜひ教えてください、そして改めてそのルーツを遼さんの親御様にも伝え感謝の気持ちを持ち続けてください。きっとその姿・言葉・口調・表情・温かさ・優しさは大惺くんに受け継がれていくものになりますね。

子育て奮闘中のウエディングプランナー上條 智広

サブ画像

サブ画像

サブ画像

結婚式の2日前。野球ボールにメッセージを書いていただけないかと遼さんのご両親に相談したところ、「隣町まで行ってボール買ってきたよ!」とお父様がおっしゃいました。ボール全面に書き込まれた言葉。「成美さんが嫁いだことを成美さんのご両親にも安心してほしい。その想いを形に残したい。」と遼さんのお母様からはそんな想いが込められていました。
大惺くんが生まれたことで、おふたり自身も親御様の言葉や行動を思い出す機会が増えたことと思います。確かな愛情が大惺くんの道標となり背中を押す勇気に変わります。そして皆が遼さんと成美さんを支えています。私も皆さんの幸せをいつまでも願っています。

  • “しあわせ”の道しるべをありがとう

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

“しあわせ”の道しるべをありがとう

サムネイル

人生のルーツには父の言葉(願い)がありました

2017.12.9

私事ですがウエディングプランナーとして10年。娘が生まれ子供の成長過程をそばで見守るようになり自身のライフステージにも変化があり、結婚式の中で私がウエディングプランナーとし大事にしている結婚式の骨子を担うもののひとつに親子の間で交わされる何気ない「会話」、時には言葉、口調、表情があります。10年時を経て私の感性にも少し変化を感じています。そんな中ウエディングプランナーと新郎新婦。その関係性の中においても「出逢うタイミング」に、軌跡のような「ご縁」に感謝を覚えることが多くありま...

詳しく見る

家族で歩む、10年目の結婚式

サムネイル

しあわせの出発点は10年前の結婚式

2017.9.24

おふたりが結婚式を挙げたのは今から10年前、2007年のことでした。式当日、新婦の真奈美さんは挙式の最中に体調を崩され、式を継続することは難しい状況に。結婚宣言や新郎様とバージンロードを歩くこと、そして楽しみにしていたフラワーシャワーは残念ながら叶いませんでした。 2年前、私は真奈美さんと同じ職場の方の結婚式を担当することになり、久しぶりに真奈美さんとお会いしたところ、「実は、あの時挙式がちゃんとできなかったことが心残りだった」と話してくださいました。私は「ぜひもう一度やり...

詳しく見る

Koki & Kumiko WEDDING PARTY

サムネイル

扉を開けたら楽しいパーティーのはじまり!~Buffet style wedding~

2017.8.19

5月に両家のご家族中心の披露宴を挙げられた幸樹さんと久美子さんですが、お互いの幼馴染みや学生時代のご友人、幸樹さんが所属している社会人バレーのお仲間に感謝を伝えたいという想いから、今回のパーティーを開催する運びとなりました。「始まりから楽しいパーティーがしたいです!」かしこまった披露宴ではなく、皆が楽しいと思える時間にしたいというおふたりの想い。おふたりがおっしゃる「楽しい」には、一瞬を惜しまずに大切な仲間とたくさん話すこと、たくさん笑い合うこと、過去を懐かしみまた新たな思い...

詳しく見る

vintage wedding

サムネイル

「これから先も年月を重ねるごとに深みを増していくような、そんな夫婦になることを誓います」

2017.7.1

新婦の吉川裕子さんはボンマリアージュ山形のウエディングコンシェルジュとして日々活躍されています。いつも新郎新婦おふたりに寄り添い心から祝福する裕子さんの姿は、仲間から見ていてもパワーをもらいますし、何より「結婚式が大好き」そんな想いで溢れている方です。新郎・浅沼亮さんと一緒に迎えた結婚式のテーマは「vintage(ヴィンテージ)」。 亮さんはこう話してくださいました。「買ったときが一番きれいなものは好きではない」。それはものを大切に使い続けるおじい様とおばあ様の姿をずっと見...

詳しく見る

もっとちかくで

サムネイル

結婚式準備の時間が、お互いの心の距離を“もっとちかく”に

2017.3.19

結婚式の準備をすすめるにあたり、おふたりがどういった想いや価値観でいらっしゃるのかヒアリングさせていただく時間を、私はとても大切にしています。新郎の智志さんと新婦の希さん。はじめおふたりは結婚式に対し、ゲストとあまり話せないんじゃないか、何だか遠くにいるような印象がある・・・と率直な想いを話してくださいました。だからこそ、直接「ありがとう」と感謝の言葉を伝えることができる結婚式がしたい。それがおふたりの想いでした。家族、仲間、そしてお互いのこと。もっとちかくで話をしよう。もっ...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!