山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

PalaceGrandeur Wedding Reportウエディングレポート

3羽のうさぎが結んだ縁

サムネイル

絆に溢れた感謝のウエディング

2016.3.20

新郎・智之さん、新婦・利奈さん。おふたりには愛情を込めて育ててきた大切な家族・うさぎの「さんちゃん」がいます。さんちゃんと、そしてこれまでおふたりが巡り会った3羽のうさぎにまつわるエピソードから、おふたりの結婚式は「3羽のうさぎ」をテーマとしました。「3羽のうさぎ」とは、山形県のとある神社の本殿裏に隠し彫りされて、3羽すべて見つけ出すと幸せになるという言い伝えがあります。この言い伝えになぞらえて、披露宴会場に3羽のうさぎを隠し、ゲストに探し当ててもらう演出を取り入れました。ゲ...

詳しく見る

「キヅナ」~27の軌跡 大切な人への想いを胸に~

サムネイル

27から繋がる「きづ(2)な(7)」の日、ゲストと刻むアニバーサリー

2016.2.27

新郎 利明さん、新婦 真由香さん。おふたりの歩みにはある特別なキーワードが隠されていました。「27」。それはおふたりの節目を記す数字。恋人となり、結婚を誓った日を振り返ってみると不思議と「27日」だったのです。そして決まった結婚式も2月27日。 打合せが始まった当初から、おふたりは結婚式のテーマ、結婚式で伝えたいことを模索されていました。結婚式に対するおふたりの思いを紐解いてみると、一方的なものではなく、参加してくれるゲスト、つまりふたりの結婚式を受け取ってくれる人たち...

詳しく見る

必然にありがとう

サムネイル

好きになった人は、ラーメンを嫌いになったあのラーメン屋の娘でした

2016.1.30

家族で営むとあるラーメン屋さん。今日もまたいつもの家族が店にやって来ました。ラーメンを食べ過ぎて嫌いになってしまったという長男を連れて。すると店主がこう話しました。「うちにも同じくらいの年の娘がいるんだ」。 直樹さんと夏海さん。必然に出会い、夫婦となりました。おふたりの軸となる幼き日の出来事。結婚式を迎えるにあたって、私はイラストを2、3枚描いてほしいと宿題を出しました。おふたりのストーリーに息を吹き込むために。そして児童の前では描いたことがなかったというイラストが、&...

詳しく見る

わたしたちの「成長」の木

サムネイル

過去と未来を結ぶ日、家族の願いを1本の木に託して

2016.1.23

保育士と幼稚園の先生をされているおふたり。未来に向かってたくさんの希望の種を蒔いていく子供たちの成長を見守り、手を差し伸べ、導くお仕事をされています。それは子供たちの人生の中の大切な時間を預かり共に育むこと。お話を聞いていくと、このおふたりだからできることなのだな、と強く感じました。 「結婚式で自分が主役になることが不思議な感覚」そうおっしゃった新郎の昂さん。いつも人を想い、自然と誰かを支えることができる方だからこそ出た言葉なのだと思います。そして新婦の苑子さんはポジテ...

詳しく見る

生まれ年のワインに込めた、26年分のありがとう

サムネイル

たくさんの“わざわざ”が叶えた涙の乾杯

2015.11.14

私はウエディングプランナーとして「わざわざ」という言葉とその行為、想いが好きです。見ていると何だか愛おしい気持ちにさえなります。この結婚式のおふたりもそうでした。はじめは結婚式に照れくさいような恥ずかしいようなイメージがあった。と言っていた新婦の成美さんが「プランナーさん提案ありがとう、またやりたいなぁ。」と言うようなメッセージをご自身のFacebookにアップしてくださっていたのを見て本当に嬉しくなりました。「水族館」と言うテーマで作り上げた結婚式。水族館のきっかけはふたり...

詳しく見る

美女と野獣wedding

サムネイル

嫁ぐ娘へ母からの継承、そして新郎の決意

2015.11.14

結婚式に対する憧れは、ひとりひとり異なる想いがあります。それは生い立ちや出逢いによって育まれ、たったひとつしかない物語が生まれます。新郎 光さんは硬派で芯が真っ直ぐ通った方。大きな心で茜さんをすっぽり包み込んでいるようにいつも感じていました。新婦 茜さんはビジョンが明確で、物事を白黒はっきり判断できる素直な思いをもった方です。結婚式はおふたりにとって思い入れのある映画「美女と野獣」の世界観の再現が大きなテーマ。私はこの結婚式をよりおふたりらしい、特別な結婚式にするべくたくさん...

詳しく見る

「届ける」~未来へ続く結婚式~

サムネイル

10年、20年先もきっと思い出す、想いがひとつになった結婚式

2015.10.10

結婚式は未来へ続く…そう気付かせてくれたおふたりがいました。新郎 悠介さん、新婦 果林さん。10年先、20年先、50年先を紡ぐ物語がここから始まります。 現在は青森にお住まいのおふたり。限られた時間の中での打合せで見えてきたことはゲストに「ありがとう」の想いを届けたいということでした。“手紙”という贈り物に乗せて。 距離や場所に関係なくいつだってすぐに相手と連絡がとれる昨今、手紙はもしかしたら億劫で煩わしさを感じることもあるかもし...

詳しく見る

再会~再会からの再開を大切にしたい~

サムネイル

たくさんの“言の葉”を心の種に

2015.10.4

守人さんと祥子さん。同じ小学校に勤務していた時に出会いました。その後祥子さんは3年間違う職場でキャリアアップした後、再び守人さんと同じ小学校での勤務が決まり、再会を果たすのです。導かれるかのように再び出会ったおふたり。この再会をきっかけに新たな時間を刻んでいくことになります。 再会から再開したおふたり。そして結婚式もまた、恩師やご友人との再会の場であることに気がつきます。おふたりがゲストを想う姿や、人と関わる姿、言葉を大切にする姿に触れていくうちに、私は人との巡り合わせ...

詳しく見る

ふたりの地元は秋田 山形ウエディング

サムネイル

秋田での歩み、山形での決意

2015.9.22

澄み渡る秋空と木々の木漏れ日がやさしく包み込むガーデンでおふたりは晴れの日を迎えました。新郎宏将さん、新婦佳奈子さん。共に青春時代を過ごしたのはお隣の秋田県でした。進学、就職を経て数年前にこの山形の地で暮らしていくことを決断されたおふたり。山形で生活の基盤をきちんとつくり、この地で生活を送っていくというおふたりのこれまでの努力とこれからの決心が、力強くもあたたかく描かれた結婚式でした。 結婚式のお打合せでは、お互いについてお話いただく時間があります。この時のおふたりの嬉...

詳しく見る

ふたりにとってはじまりの場所がある

サムネイル

山形(ふるさと)のおもてなしウエディング

2015.9.21

ふたりにとってはじまりの場所がある…それはこの先に続く新しい人生においても大きな支えとなるのではないでしょうか。   男らしい!という言葉がぴったりな新郎の知希さんと、常に明るく周囲をも笑顔にさせてくれる新婦の和嘉恵さん。群馬県のご出身である和嘉恵さんはこの度のご結婚を機に知希さんの地元である川西町に嫁がれました。 地域を越えてふたつの家族が結びつく日。遠方からお越し下さるゲストが多いということもあり、披露宴では地元の食材・料理を味わ...

詳しく見る

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!