山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

感謝のプレゼント

メイン画像

2018.7.21

大切なみんなからもらった贈り物、感謝の贈り物

またいつものようにおふたりとの雑談から打合せが始まります。
「涼太さんのその指輪かっこいいですね!」打合せの時いつもされていた指輪を見て私がそう言うと、「これ、おばあちゃんにもらったんです。」と新郎の涼太さんは話してくださいました。
「結婚式当日着るドレスは母からもらったもので、幼い頃着ていたもののリメイクなんです。」「え~すごいですね!」新婦の夕紀さんとはこんなお話もしました。
また、ある時は結婚式にお越しいただくゲストのお話を。“友人”という中でも出会いや思い出が一人一人にあって、どの方とも深く関わりがあったことが伺えました。人生の様々な場面にあった大切な方たちとの思い出。学校のご友人のほかにも、かつてのアルバイト先、ご兄弟やお父様のご友人など。一人一人に特別な想いとエピソードがあったのです。おふたりに共通していた大切な人からの贈り物。そしてゲストの皆さんからは、出会いやご縁、たくさんの思い出という贈り物をもらいました。結婚式のテーマは「感謝のプレゼント」。この結婚式でおふたりが皆さんに贈るプレゼントは感謝の気持ち。その想いを一人一人に宛てて届けます。皆さんが一斉にプレゼントを開けた瞬間に飛び交った笑い、驚き、喜ぶ姿は涼太さんと夕紀さんの結婚式を象徴する特別な場面となりました。
結婚式が終わった今でも、一人が笑うと自然ともう一人も笑顔になる。そんな涼太さんと夕紀さんの姿が目に浮かびます。これまでのご縁や感謝を振返り結婚式を迎えたおふたりにとって、これからの結婚生活もきっと“お互いに贈り合うもの”。笑顔や思いやりもそうです。私はそんな風に思っています。ウエディングプランナー 上條智広

サブ画像

サブ画像

サブ画像

ゲスト一人一人に宛てた手紙(ウォールレター)、そして青いギフト型のフォトコーナーはおふたりのアイディアによって作られました。結婚式のテーマ、世界観が広がるアプローチを抜けると披露宴会場と続きます。この披露宴会場の中での人前式をご希望された涼太さんと夕紀さん。ウエディングミニスターの司式により、大切な皆さんに結婚を誓いました。

ウエディングケーキももちろんプレゼントボックス!おふたりからのプレゼントはまだ続きます。卓上コーディネートのアイテムのように見せかけ、皆さんへのプレゼントを準備していました。合図を以って皆さんがプレゼントの箱を一斉にオープン!涼太さんと夕紀さんが一人一人のことを想い選んだプレゼントを贈りました。
そんなおふたりに、涼太さんのお兄様からのサプライズ。お色直しの間にゲストの皆さんからおふたりへメッセージを書いていただきました。手紙はもちろんプレゼントボックスに入れ、おふたりへ。大切なプレゼントがまた一つ増えました。

結婚式の打合せ中、こんなお話をしました。
お仕事の中で小さい子供たちに絵本の読み聞かせをしているという夕紀さんに、好きな絵本は何ですか?とお尋ねしたとき、「かみさまからのおくりもの」という絵本を教えてくださいました。誰にでも一人一人に個性があるというお話。一人一人との出会いに感謝をするおふたりの姿と重なりました。おふたりの何気ない日常の中にも、未来に繋がるルーツがあります。それはこれから出会う大切な人へのプレゼントとなり得るのかもしれません。二人が笑うともう一人も笑顔になる。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

感謝のプレゼント

サムネイル

大切なみんなからもらった贈り物、感謝の贈り物

2018.7.21

またいつものようにおふたりとの雑談から打合せが始まります。 「涼太さんのその指輪かっこいいですね!」打合せの時いつもされていた指輪を見て私がそう言うと、「これ、おばあちゃんにもらったんです。」と新郎の涼太さんは話してくださいました。 「結婚式当日着るドレスは母からもらったもので、幼い頃着ていたもののリメイクなんです。」「え~すごいですね!」新婦の夕紀さんとはこんなお話もしました。 また、ある時は結婚式にお越しいただくゲストのお話を。“友人”という...

詳しく見る

はじまりの1ページ

サムネイル

結婚式からはじまるふたりのアルバム(人生)

2018.6.17

健人さんと美優さん、おふたりの最初の出会いは小学校時代に遡るとお聞きしました。小学校のみんなの思い出はきっと一冊の卒業アルバムにつまっていて、それは大人になってからも開いて見る度に、その時代、その瞬間に立ち返ることができるもの。最初の出会いから十数年の年月を経て迎えたおふたりの結婚式は、健人さんと美優さんが主役の、“家族”のアルバムとして、新しいページが綴られたように思います。そのアルバム(ふたりの人生)に、この日ご参列いただいたゲストの皆さんとの新し...

詳しく見る

こいねがわくは

サムネイル

みんなが“乞い願った”3人の結婚式

2018.6.3

《乞い願わくは》とは、切に願う、あることを強く願うという意味があります。拓哉さんとあずささんの結婚式は約2年の期間を越えて「3人」で迎えることができました。 おふたりが当初予定していた結婚式を1ヶ月後に控えた2016年10月、おふたりのお子さん・煌生くんが740gで生まれました。生まれてからの24時間、超えると72時間、そして一週間。いつ、どうなってしまうかわからない状況のなか「生きてほしい」と毎日祈り続けていたことを、後に拓哉さんとあずささんは教えてくださいました。 ...

詳しく見る

ランタン~出会いは灯りの数~

サムネイル

ふたりの未来をともす灯りへ

2018.5.19

自分でテントを張り、大自然のなかでゆっくりとした時を過ごし、火を焚き、鳥の声が聞こえる朝を迎え、肩を並べて珈琲を飲む、その時間が最良の時間だと話すおふたりの結婚式をご紹介します。 自然が好きでアウトドアが大好きなおふたり、新郎の雄志さんと新婦のひろみさんの結婚式は、披露宴会場がオリジナルのキャンプ場へと姿を変えました。現在は県外で暮らしているおふたり。この日お集まりいただいたゲストの皆さんのテーブルには、入場と共におふたりが一つ一つランタンを置きます。暗いところを明るく照ら...

詳しく見る

結婚式が教えてくれたこと

サムネイル

~プランナーからおふたりへ、内緒のウエディングテーマ~

2018.5.3

新郎の拓史さんと新婦の沙友里さん。おふたりとのお打合せはいつも心地よい時間でした。拓史さんの返事であったり私の話を受け入れてくださる姿勢から、優しく誠実な男性であることはすぐに感じ取ることができました。そして沙友里さんも相手に安らぎを与えてくださる笑顔、空気感をもった素敵な女性です。おふたりともきっと家族や職場、友人の中にいても同様に周囲を和ませる存在なんだろうなと感じていました。 そのようなおふたりの姿を思い浮かべ、今あらためて「清く、楽しく、美しく」というウエディングテ...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!